スーツ姿の男性たち
家族で暮らす

短期滞在出来る家

マンスリーマンションは基本的に短期滞在者向けのマンションです。一般的な賃貸マンションやアパートは入居に関する手続きが面倒ですが、マンスリーマンションは手続きが比較的簡単で入居に関する入居審査も不要です。また、敷金や礼金がなく、連帯保証人も必要がない場合が多いです。マンスリーマンションというのが日本に登場したのは1970年代のことです。それ以前にも短期労働者向けのアパートはありました。しかし、一般の人達向けのマンスリーマンションが誕生したのはこの時代が最初です。そして1980年代には全国に普及していきました。今は長期出張のビジネスマンや家の住み替えに伴う仮住まいを必要としている人達、費用を抑えて一人暮らしをしたい人達に人気があります。

マンスリーマンションというのが出来た当初は本当に短期滞在者向けで、長期出張のビジネスマンや、家の建て替えに伴う仮住まいを必要としている人達が主に利用していました。しかし、今は賃貸マンションのように何年にも渡ってマンスリーマンションで暮らしている人が沢山います。また、マンスリーマンション自体も一昔前では考えられないくらいグレードがアップしています。高級分譲マンションか高級シティホテル並に高度なセキュリティーや設備、スタッフサービスが付属しているマンスリーマンションもあります。昔は「お金に余裕がない人が住むマンション」というイメージがありましたが、そうしたマイナスなイメージはなくなりつつあるようです。

オススメリンク