不動産売却

簿記の試験

不動産売却という言葉を聞くと皆さんはどのようなイメージをお持ちになるでしょうか。一言で不動産売却といっても、その背景には一つとして同じものはない人間のドラマが隠されています。ここではその不動産売却の理由について主にどのようなものがあるのかを見ていくことにします。まず、ネガティブな売却理由から。このネガティブな不動産売却理由としてメジャーなのが、競売です。競売とはつまり、購入するときに住宅をローンを使用したまではいいが、ローンの毎月の支払いが困難になり結果的に住宅を売却して返済せざるを得ない状態になったことをいいます。つまりこの競売によって普通に売却するときの相場よりは安い金額で売りに出されているのです。

ポジティブな売却の理由としては様々ありますが、家族構成が変化して売却を考えるというパターンがあります。キーワードは子供です。多いパターンとしては、子供が各々独立して家を出て行ったので現在の家が夫婦二人では広すぎるので、今の家を売却して新しくコンパクトなマンションなどを購入するなどといったパターンです。当の本人達にとっては、少し寂しい現象なのかもしれませんが、世間一般的に子供が独立してそれぞれの家庭を持つということは、社会的に素晴らしいことであることに変わりはないのでポジティブな不動産売却理由としてカウントしていいでしょう。このように不動産の売却理由は他にもその人の数だけあります。様々な人間模様を写しています。