初期費用について

儲け話がある

賃貸契約の初期費用として、関東圏では敷金と礼金ですが関西方面であると保証金という言い方をします。関東圏で部屋を借りる場合に、通常であると敷金2ヶ月分、礼金2ヶ月分、仲介手数料が1カ月分を上限、前家賃が1カ月分程度かかります。トータルだと家賃の6カ月分はかかることになります。実際のところは礼金はこれほどかからず1カ月分になるケースも多いのですが、最近初期費用として礼金や敷金がかからない賃貸物件も増えてきているのです。部屋を借りる際には、これらの費用以外に火災保険料や保証料が求められたり、さらに引越し費用もかかります。そこで借りる時に敷金や礼金がかからないとなれば、余裕をもって引越しをすることができます。

初期費用としてかかるお金には、敷金、礼金、仲介手数料、火災保険料、前家賃、日割り家賃などがかかります。相場として家賃の4ヶ月から6ヵ月程度のお金がかかります。そこからさらに引越し料金、新居で新しく家具や家電を買い替えるとなると出費がかさみます。賃貸情報をみると敷金や礼金がかからない物件があります。いわゆるゼロゼロ物件と呼ばれるものです。たしかに初期費用があまりかからずに借りやすいのですが、よく契約内容を確認してから契約を結ぶことです。敷金や礼金はかからないけれど保証金を預ける必要があったり、初期費用が安い代わりに家賃が高い、退去時にハウスクリーニング代としてお金を請求されるなどがありますので、賃貸契約時に確認をしておくことです。