注文住宅

大型のモニター

施主の希望を叶えることができる注文住宅ですが、その競合となっているのが実は建て売り住宅です。そもそもが完成品ともいえる建て売り住宅ではなかなか生活スタイルに合うものがないために建てられるのが注文住宅です。そしてそれを望む人は決して少なくなったわけではなく、むしろ増えているといえます。 そのような背景において何故注文住宅よりも建て売り住宅に需要が集まるのかと言うと、まずはその価格の安さです。そしてもうひとつ肝心の設計に関してですが、建設の前に申し込むことによって設計を選ぶことができるのです。 あらかじめ用意された間取りなどの設計から、住みやすいパターンを選ぶという形でまるで注文住宅のようなオーダーメイド感覚で理想の住まいを手に入れることができるようになっているわけです。

注文住宅とは、あらかじめ決められた予算と決められた仕様で造られた分譲住宅とは異なり、建築主の要望を出来るだけ取り入れるように、打ち合わせを重ねながら造られる住宅となります。 注文住宅を建てるには、工務店や自由設計に対応したハウスメーカー、設計事務所などに依頼する必要があります。 注文住宅の価格については、建築主の要望を取りまとめるための打ち合わせの機会が多いため、経費が占める割合が高いと言えますが、建設コストについては、建築主の要望によって金額が変動する要素があります。 一般的には注文住宅の建築を依頼する場合は、こだわりが強い場合が多いため、汎用品や一般的な内装よりも高級感のある仕様を要求する傾向にあるため、総じて分譲住宅よりも高額になると言えます。